2008年10月04日

悩悩悩

 
わたしってあまり長生きしたくないかもです。

  
  
posted by ちから at 01:38| Comment(3) | TrackBack(3) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

たとえ

どんな人間であっても親は親であり

兄弟は兄弟です     これは変えられない


かけがえのない存在だから大切にしろだとか生ぬるい事を言う気はない

切ることのできない縁を疎ましく思うこともあるだろう

  
posted by ちから at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

0730

思えば
自分の一部であり  大学生活そのものなんだなあと。

感謝に堪えない。
長くて短い
そういう形容が一番妥当。


いまもふたつの声が聞こえる
 「すごく勉強になってるな」
 「あの選択は正しかったと思うか?」


狂う人生観  崩れる恋愛観  変わらぬ友情と信頼

以前こういう質問を受けた
付き合ってもいない人とキスするとはどういう行為?
あまつさえそれ以上は?

知らん
posted by ちから at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

さて と

いいかげん立ち上がらなければ。




良くはないけど悪くもない   か。

その前向きな考え、嫌いじゃない。



  
posted by ちから at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

  
   
 たまゆらの おのがよる辺はいづらにや

 触れえぬ香<か>をだに かそけくあるを



   
   
posted by ちから at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

今を生きる

YUKIに次いで吉井和哉ブーム再来

歌声が拙いのがよい

これで歌が上手すぎたら逆に魅力が減ってしまうわ


時代は裏切りも悲しみも 全てを僕にくれる
眠れずに叫ぶように からだは熱くなるばかり

僕は何を思えばいいんだろう 僕は何て言えばいいんだろう
こんな夜は逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて
君に逢いたくて 君に逢いたくて
また明日を待ってる
  
<JAM>          .





所詮愛だの恋だのかよ と思われがちだがそんなに浅い曲じゃなかったりする
曲中の「君」とは吉井の娘のことを指すそうだ

ほら、それを知っただけで曲全体の印象がガラリと変わる




聞く人聞く人 そのときの心情により曲の価値は違う



さて、この歌は あなたにはどう響きますか?

もし何かを感じたなら、僕と共感できるかもしれないですね



I BELIEVE IN ME
風の中 花吹雪 舞うように
思い出が満開
I BELIEVE IN ME  振り向いても
後ろには 通り過ぎた景色があるだけさ

「出会いと別れの中で人は強くなる」って
言うのは簡単なことだが 難しいことさ

I BELIEVE IN ME
あなたの心に届くように
叫び続けてたい
I BELIEVE IN ME
永遠に魂に刻まれるように
叫び続けてたい

離れてもそばにいても 変わらない想いがある
人は皆 星になる  そのわけは
その時わかる

I BELIEVE IN ME
風の中 花吹雪 舞うように
思い出が満開
I BELIEVE IN ME  振り向いても
後ろには 通り過ぎた景色があるだけさ

I BELIEVE IN ME
どうにもならない
とは思わずに 今を駆け抜けたい
  
<Believe>          .





posted by ちから at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

私の生き方

  
今日の自分は昨日の自分よりも進歩してありたい

   
posted by ちから at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

私の哲学

  
浮気するくらいなら別れる

友を裏切るくらいなら死ぬ。

















裏切りって何だ
浮気って何だ
別れるって何だ
そもそも付き合うって何だ
友って
いや、それだけはわかる。

自分って何だ



  
    
posted by ちから at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私」を離れ

 
客観的に 冷静になればよく見える
別に自分には目を見張るような価値なんてないこと。
見せ掛けの優しさとプライドという虚栄心と 猜疑心の塊であること。

芥子粒のごときちっぽけな存在であり
あったら邪魔かもしれないが
なくても誰も困らない。親を除いてね。

何もかもがめんどくさい。
が、人生投げるほど愚かじゃない
さあ
ちっぽけな自分はこれからどうやって精一杯生きていこうか

いらないものは全部捨てる
死ぬまで楽しいことをしよう  
  


  
 
posted by ちから at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱がひいてから

  
びっくりするほど性欲がなくなった

目覚めたか自分


  
posted by ちから at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

バイバイ長い夢

夢で会えたなら何を話そう

か。


今でもたまに夢で会い
あの頃言えなかったこと
伝えられなかったことを
すがりつきながら伝える。
ボロボロと泣きながら。


目が覚めるたび
俺は幼い頃と何も変わっていないのだなと思うんだ。
体を起こし 鏡に映るは
23の自分。



  
posted by ちから at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

心は決まった。


どんなに難しい決断でも、後押ししてくれるのはたった一言だったりする


   
宙ぶらりんだから迷い、苦しむんだ。

もう迷わない。

あとは未来に向かって歩を進めるだけ




   
   
posted by ちから at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

2・14

  
  
私はこのまま 信じてゆけるわ
愛の強さゆえ 
優しき獣ゆえ
花咲く丘まで 口笛吹いてこう
喜びを抱いて
見果てぬ空の上

咲くのは 光の輪
高鳴るは 胸の鼓動


   
posted by ちから at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

プリズム

  
  
  涙の河を泳ぎきって 旅は終わりを告げ
  光の音に導かれて此処まで来たけど
  ひらいた手のひら あなたのかわりに
  哀しみを抱いて 見果てぬ空の上
 



コレ、YUKIの『プリズム』
 
大好きな曲のひとつ。
素敵すぐる



  花咲く丘まで口笛吹いてこう
  いじわるな人が とやかく言うけれど
  私は、どこかでまちがえたかしら?
  今はわからない
  答えは空の上




ピアノの透明感、YUKI独特の声
どこかサビなのかわかりづらいくらい谷のないメロディ
胸に染み入る詞。
聴いてると 腐りきった心がキレイになる気がする!

PV見てマジで泣きそうになるとは思わなかった
切なすぎる(´・ω・`)



  私はこのまま信じてゆけるわ
  愛の強さゆえ
  優しき獣ゆえ
  花咲く丘まで口笛吹いてこう
  喜びを抱いて
  見果てぬ空の上






20080211-044056-89258100.gif


nananana...




    
posted by ちから at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

真面目な内容です


意図的に更新を止めてたのですが

懸案事項が解決したので再開します




人に説教たれるほど人間できちゃいないけど

見てみぬ振りは俺にはできない


人は鏡なくして自分の顔を見ることはできない

身だしなみを整えることすらできない

それは心についても同じこと。


『資治通鑑』 『本朝通鑑』のごと

史書にはよく「鑑」の文字が使われる。

先賢の行いをならいとし

己れらの鑑とせよ という意味である


己を見つめることなく真っ当に生きることはできようか?

目を閉じたまま真っ直ぐ歩くことはできようか?


日々己を見つめ 
日々己に問い 
目を逸らすことなく己と向かい合う

「自分を変革する」
その手段を求める度 自分の足はおのずと前に出ているはずだ。

水の流れと同じように
歩みを止めたときから腐敗は始まる


創造し続けようと思う人間には、変化しかありえない。
人生は変化であり、挑戦だ
   マイケル=デイビス


posted by ちから at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

Open Arms

僕の最も好きな曲の中の1つ

ジャーニーが82年にリリースした曲で
マライアがカバーリングしたことでも知られてる

映画『海猿』のテーマ曲としてほとんどの人が耳にしたことがあるはず
ボーカルSteveのハスキーな声がせつなく聞こえる

幸せいっぱいを歌うラブソングは好きじゃない
嘘臭いから。
想いは苦しさ切なさと紙一重
苦悩は愛しさに比例してついてまわる
幸せだけじゃ薄っぺらい

愛しいという感情に「かなし」という言葉をあてた
平安期の人々の感性が好き

『粉雪』は聞けるけど
『3月9日』まったくいい曲と思えない

だから吉井和哉の書く歌が好き




Lying beside you, here in the dark
Feeling your heart beat with mine
Softly you whisper, you're so sincere
How could our love be so blind
We sailed on together
We drifted apart
And here you are by my side

So now I come to you, with open arms
Nothing to hide, believe what I say
So here I am with open arms
Hoping you'll see what your love means to me
Open arms


暗闇の中、あなたのとなり横になって
二人の胸の鼓動を感じている
するとあなたが何かをささやく あなたはこんなに誠実なのに
なぜ私たちの愛は見えなくなってしまったの

一緒にいる時もあったし
離れ離れになったこともあったけど
あなたはこうして私のとなりにいる

だから今 私は両腕を広げ
あなたのもとにやってきたの
隠すことなんて何もない 私を信じて
私はここにいるよ 大きく手を広げて
あなたの愛が私にとってどんなに大切か
分かってくれることを信じて
大きく手を広げて







          
posted by ちから at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

吉井さん来校

学祭のライブで、吉井和哉が来ました。

運良く会場に入ることができた。

今日はバックナンバーから。(手抜き)


私の好きなモノ


いまだに歌えない曲がある。

好きなのに、聞きたくないものがある。

なぜ?

理由なんかどうでもいい。

今日は陰鬱だ。


  

 
posted by ちから at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

中秋

夜0時過ぎ、いつものジョギングのあと

アスファルトに寝そべって ぼんやり月を眺めていた

見とれてしまうほど綺麗な月の色

冷たい光が照らす空をずっと見てた



俺にとって 青白い月の指すものはひとつ

時間を忘れてどのくらい眺めていたのか

体が冷え切っていることに気付いて家に戻った

涙は少しも出てこない



今夜も月が綺麗だよ
posted by ちから at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

やっぱり

nya.jpg


ねこ







                                          
posted by ちから at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

つらい 悲しい くやしい 愛しい 苦しい 憎い

あんな野郎に    

  
posted by ちから at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。